2017/08/29

安くて軽くて楽!BBQは簡易コンロで決まり!


夏休みやキャンプなど、夏のイメージが強いBBQですが、
涼しく、虫も少ない「食欲の秋」こそ、BBQはいかがでしょうか?


BBQって美味しいですよね。
強い遠赤外線の効果で、表面はパリッと。中はジューシー。
余分な油も落ちて、燻煙が食材を引き立てます。
その上、炭に含まれるミネラルやカリが、旨み成分(アミノ酸)を増やす働きまでするのだとか。

これで美味しくない訳が無い!

でも炭火料理って大変ですよね。
バーベキューコンロは値段が高く、かさ張る上に重たく、準備から後片付けまで、ず~っと大変。
(素材によりますが、)ちゃんと片付けないと、気付いた時には錆びてしまっていたりします。

私にとっても、これまではBBQって
(片付けの)覚悟を決め、気合を入れて取り掛からないといけないイベントでした。笑

もっと気軽にBBQが楽しめたら良いのになぁ・・・。
と思っていたところ、たまたま旦那くん達が閃いた!
その、我が家で今夏ブームだった簡易BBQコンロを紹介します。

炭の追加は簡単だし、空気穴もバッチリな。
安い、軽い、楽ちんなBBQコンロです。
((w´ω`w))

必要な物
・プランタースタンド
・ザル
・ダブルクリップ
・焼き網
・炭
・着火剤
・チャッカマンなどの点火具
・炭用トング
・携帯用扇風機(または団扇)
※プランタースタンドの上部内寸よりも、ザルの直径が大きくなるように気を付けてください。
  ザルが小さい場合は、ダブルクリップでスタンドからぶら下げてください。



1、プランタースタンドにザルを乗せます。

2、着火剤の上に炭を乗せます。
  表面積が広い炭ほど着火しやすいです。
  空気が通れるように、なるべく隙間があくように並べましょう。
  (ダブルクリップは今回、ザルを安定させるために使用しました。)

3、着火剤に火をつけたら、焦らず待ちます。
  移動させると熱が分散してしまうので、火がつくまでは炭に触らないようにしましょう!
  炭に火がついてきたら、風を送ってOKです。

4、全体が赤くなったら、しばらく放置します。
  炎がおさまり、炭全体が白い灰をかぶってきたら焼き始めましょう。
  ※炎が上がっている状態では、うまく焼けません。

いかがでしたか?
BBQだけでなく、焼き鳥などもオススメです。
3~4人規模のBBQなら、これで十分。

絶対、またするっ!ごちそうさまでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿